ACLレポート試合編 蔚山現代 3-1で勝利

年度末でばたばたしている間にACLも2戦目が終わってしまいましたが、まだ1戦目をあげてなかったので・・・

先日のサポ数レポートの様に(http://knz.at.webry.info/200903/article_4.html)名古屋側200人程度、蔚山側30人程度のお寒い観客数で、実際の気温も凍えるような寒さの中のキックオフでした。

前半は中盤での奪い処というか、追い処の意思統一がいまいちなのか寒さで動きが鈍いのか、Jリーグ開幕戦のごとく相手のターンとなってしまいました。
そして、これまたJリーグ開幕戦のごとく失点をしてしまいました。
画像

まぁセットプレーからだったし、開幕戦を見たからなのか特に悲観的にもならず、逆転してくれることをこれっぽっちも疑いませんでした。ちょっとした、初海外遠征ハイだっただけかもしれませんが(^^;

そして、後半。やはりというか、当然のごとくというかグランパスのターンとなりました。
こちらもセットプレーで、ACLクラブ初得点は吉田麻也選手でした。コーナーキックから目の前でのドンピシャのヘッドで、ゴール裏も大盛り上がり。
画像

画像

小川選手の惜しいシーンなどもありましたが、この日は流れからは得点ができず。
画像

左のSBでは佐藤選手が思った以上にしっかりやってくれました。このまま伸びていってくれれば嬉しい限りです。
画像


そして、2点目もセットプレーから。ダヴィ選手がニアで併せて2点目。
ゴール裏もさらに大盛り上がり。
画像


そして、だめ押しの3点目。
またしてもセットプレー。玉田選手のGKとDFの間を突く絶妙なFKにマギヌン選手がずばっと決めてくれました。
画像

画像

この、ゴールパフォーマンス。現地ではいったい何をしていたのかさっぱり分からなかったのですが、どうもダヴィがクラブ内に流行らせている「マリオカート」らしいです。
トヨスポに見学に行ったときに杉本選手に聞いてみましたが、その場で急遽ってことでした。

そして、試合終了。
本当に楽しかったです。
ワールドカップはフランス・ドイツと海外遠征しましたが、それとは全く異質な、オラがチームというか我がファミリーというか、我が身の喜びというか、そんな感じを味わいました。
ACLのアウェイ遠征、これははまります!!

グラサポ、もしくは他のACL参加チームのサポでアウェイ行きを迷っている人がいたら是非行ってみてください。
本当に、本当に楽しいです・・・・ってグランパス以外は経験済みでしたね。

オーストラリア、北京とも仕事の都合もあり微妙ではありますが、行きたいなぁ!!

ACL第二戦、ホームにて北京国安戦 「ニコンフィールドフォトグラファープログラム」編

ACL第2戦、ホーム開幕戦にてスタジアムイベントの「ニコンフィールドフォトグラファープログラム」
の当選くじを1号君が引いてくれたので、親子で参加してきました。
http://nagoya-grampus.jp/game/2009/0317afc20092vs/event.html

親子で3組のイベントに並んだのは8-10組くらいでしたか。
それにしても、クジ運が強烈に強い1号くんです。

いつものイベントでは、開場後場内インフォメーション辺りに集合し、ピッチへというのが流れなんですが、今回のイベントでは、開場時にチケット売り場裏の関係者入り口から入れていただき、そのままピッチ脇を通り、報道陣の控え室の前を通り元グランパスの望月さんがいるのをみて喜んだりしながら控え室へ、
控え室だと思ったら、なんと公式会見場でした。ピクシーや玉田選手が前日会見を開いていた場所です。
そこで、親子それぞれに1台ずつ用意されたニコンD60とレンズの操作方法を簡単に教えてもらい、子供達と記者会見場で簡単な練習がてら記念写真などを撮り、記者会見の席(ピクシーが座っていた席!)に座らせてもらったりとその時点でもう感激してました。

そして、みんなでトイレに行ったのですが、そこがピッチ練習の前に選手達がアップする場所(つまり選手達が使うトイレ)でトイレから出てきたら伊藤コーチ達が準備に出てきて2,3言葉を交わし、またしても感激(親だけかも?)

そして、選手達のピッチ練習開始とともにぼくらもニコンのカメラを持って練習風景を子供達と一緒に撮影。
ゴール側、サイド側どちらでもスポンサー看板の外から撮影してもいいと言うことで、いろんな場所に移動しながら見学&撮影させていただきました。
特に最後の方でゴールの真裏から、選手達のシュート練習をみさせてもらったのが一番迫力があり感動しました。
当たり前ですが、選手達のシュートのすさまじさを楢崎選手とほぼ同じ場所(ゴールネット越しですが)で体験できたのはとても良かったです。
サッカー専用スタジアムでの練習時はよく、ゴール裏にまですごい勢いでボールが飛んでくるのですが、さすがにゴールのそばでのボールの凄まじさには驚くとともに、あのボールに正面から挑む楢崎選手らGK陣に改めて敬意を感じました。
そして、シュートしている選手達のうまいこと。いつもは遠目からみているので余りよく分からなかったのですがボールのスピード、コースなんかも感嘆ものでした。

練習終了後、イベントも終了しいただいたチケットに印刷されていたのが
「VIP招待」でした。このチケットの半券は宝のもです。

ハーフタイム頃にお土産として、自分たちで撮った写真と参加者の集合写真を入れたマッチデイの入った簡単な写真立てみたいなものとニコンのテディベアと自分たちの撮った写真が入ったニコンロゴ入りUSBメモリーをいただきました。
個人的にニコンのファンでずっと使っているので自分的には嬉しいお土産でした。

スタジアムでのイベントは1号や2号がクジ運がいいので参加したことはありましたが、親子で一緒に参加できる今回のようなイベントはいままでなかったので、本当にいい思い出になりました。

このイベントはACLのホーム開催日にはすべて行われるようですので、小中学生のお子さんを連れて行かれるかたがお見えでしたら是非参加してみてください。
特に次回4/7のジェッツとの時は平日ですし、参加への競争率もそれほど上がらないかと思いますのでいける方は是非是非。

ACLレポート1 正直ホームというか、相手サポどこ?

ACLアウェー、VS蔚山現代ですが、正直アウェーと言うより完全にホームでした。

初ACLということで、発煙筒の燃えさかる激しい韓国ゴール裏というイメージもあったため
蔚山サポ方もいくつか写真を撮ってきたのでそのレポートを。

僕らはキックオフ40分ほど前になんとか到着したのですが、観戦準備などを整えているうちに
楢崎選手、西村選手のGK陣が練習に登場。
その時、なんとゴール裏の蔚山サポ・・・・ん?まさかのひ、1人??

画像


競技場全体を見回してみても・・・・蔚山って、というかKリーグって本当に存在しているんだろうか?

画像


そして、しばらくしてグランパスの選手達全員が登場。
その時、蔚山ゴール裏・・・・・増えたか?・・・きゅ、9人ですか・・・

その時のグランパスゴール裏  200人ほど

画像


そしてキックオフ15分前。
さすがにすこし集まってきたかな?

画像


30人強のサポがなんとか集まってきたようだ。

さすがに、あまりにもゴール裏がすくないということで急遽動員された?
学生らしき制服姿が・・・
(よく見てみるとそろいのジャージのような感じですね。
顔は若く見えるから学生のボランティアかなんかかな。)

画像


なんとか、形を作ったというところか。
聞こえてくる声は、なんだか女性の声だし・・・・・
ちなみに、なぜかこの学生服姿。同じくらいの数が名古屋のゴール裏メイン側にも来ていました。
なんとか席を埋めたかったのか?

ちなみに、名古屋ゴール裏では、写真は取れませんでしたが発煙筒??花火??が火を噴いていました。

Jリーグ開幕 名古屋グランパス-大分トリニータ 3-2で逆転勝利!!

待ちに待ったJリーグの開幕です。
我らが名古屋グランパスは大分トリニータとホーム豊田スタジアムでの試合でした。
試合前、タオルマフラーを買うためコンコースを子供達と歩いていたら、
スカパーのお姉さんに声をかけられました。ハーフタイムの3分間コーナーに
出演して欲しいとのこと、前半の10分ほど応援できなくはなりますが、参加することに

画像

画像

画像

画像


試合前半は大分のカウンターに苦しめられ、開始早々に1点を献上してしまいました。
大分が先にパンパシなどでの実践を経験してきていたからか、
前半のエンジンのかかりかたが両チームで差があったように思った。
しかし、何度かあった決定的なピンチを楢崎のビッグセーブもあり
前半通して悪い中で1点で抑えたのは大きかった。

前半30分過ぎにスカパー出演のため席を立ち、コンコースからスタッフの方とピッチの脇へ
トヨスタでの席はメインのカテゴリー1の前の方なので選手達すぐ前なのですが
選手出入り口のあたりからでしたが、ピッチ脇から田中選手、マギヌン選手達のプレーが
目の前でみられ大感激。
ハーフタイムに入り、3分番組に出演。
娘がDVDを息子がイヤーブックを持ち、僕がその真ん中で告知用のゲーフラを持つという形
もう一家族の方達がファンクラブの告知パネルをもつという形でした。
アナウンサーによる告知の後、後半へのコメントを求められ
(尺が余ったら振るからとは言われていましたが)
必ずゴールを決めてくれると思うので応援します、的なことをいったと思います。
緊張していてあまり覚えていませんが(^^;

ピッチから戻るとき、選手達がピッチへ戻っていくのを見送り
スタッフの方につれられてコンコースへ戻るエレベータへ向かおうとあるいていると
そこへなんとストイコビッチ監督が。
すれ違うとき「頑張ってください」と声をかけてしまいました。
すると力強く頷いてくれました。
それをみて間違いなく逆転すると確信しました。

エレベータに乗るとそこへ元グランパス森山さんたちが乗ってきてまた感動。
満員のエレベーターから1階で僕らが降りるとき、森山さんが一度外に出てくれまた感激。
そうこうしているうちにすでに後半が開始していて慌てて席へ。

後半は一転、修正してきたグランパスと運動量の落ちてきた大分の差が出てきた。
後半10分ほどに、ダヴィが持ち込んでシュート、一度はDFに阻まれるもそのボールを拾い
角度のないところからすばらしいゴール。ダヴィのプレーに見とれてしまいました。

画像

画像


そして次は右サイドのマギヌンからのボールを長い距離を走った直志が中央に走っていた玉田に
それを玉田がラブリーフィニッシュ!!
すべてワンタッチのこれぞグランパスというビューティフルな攻撃を見せてくれました。

画像

画像

画像


玉田の大喜びの姿に僕も感動。
しかし、玉田が喜んで飛び上がるのをジャンプ最中に強引に引っ張りおろすダヴィのパワーに
底知れぬ物も感じました。

画像


そして、最後はFW二人のコンビプレー。ダヴィ-玉田-ダヴィとつなぎ、最後はダヴィがDFをなぎ倒し
冷静にGKの脇を抜きゴール。すばらしい!!

画像


本当にすばらしい開幕戦になりました。
ダヴィは得点王を狙えそうですね。
来週早々ACLです。初韓国ですがたのしみです。

ところで、どなたかスカパーの開幕戦録画された方みえませんか?

2009Jリーグプレシーズンマッチ:名古屋グランパスvsFC岐阜

遅くなってしまいましたが、2/22のプレシーズンマッチ(vsFC岐阜)を見てきました。
新戦力も思った以上にフィットしていて、よかったです。
SB
特に田中選手の運動量と左サイドが右と遜色なく出来ていたのがビックリ。
画像

平木選手は緊張からかガチガチだったので長い目で見るとして、
画像

竹内選手のがんばりが見られてすごく嬉しかったです。アシストもしてくれましたし。
画像


CB
センターバックも3人とも去年から引き続き同様の動きで安心できました。
みんな背が高いので、今年はセットプレーでの得点力を増やして欲しいかな。
娘が今年のユニをバキにしたので、是非活躍して欲しい。
画像


CH
山口選手は非常に良かったです。チェイスも飛び出しも強さもまた伸びたみたい。
得点は本当にすばらしかった。
画像

直志選手。今年も活躍してくれそうですね。後援会の激励会(キックオフ2009)で「今年は是非とも得点を。毎試合シュートが見たい」とお願いしてきました。もちろん、今年も僕のユニは直志選手です。
画像


SH
小川選手。しっかり得点という結果を残してくれました。でもでも、もっともっと頑張って欲しいと期待しましょう。
なんと言っても10番を背負っているのですから。うちの長男が今年はユニを小川選手にしましたというのもあります。
マギヌン選手。まだまだ本調子ではなかった気がしますが、思った以上にいろんなところに顔を出していました。
ダヴィ選手とのブラジル人同士のコンビネーションをシーズンでは見せて欲しいですね。

FW
言わずとしれた日本のエース。玉田選手は代表で酷使されていますがそれほど疲れも感じさせず、切れたドリブルしていました。特にダヴィ選手との崩しという去年とは違ったゴール前がみられそうで楽しみです。
画像

そして新戦力のダヴィ選手。強引なドリブルで自分だけでもいけますが、チームプレーも守備もしっかりしているようで、安心しました。しかし、山口選手のゴールへつながったプレーはさすがという感じでしたね。引かれた相手でも今年は期待したいですね。
画像


見には行けませんでしたが、今日シーズン前最後の練習試合が磐田と行われ、花井選手がゴールを決めてくれたようです。
FKもすばらしいですし、今年は期待大です。

もう、1週間で開幕です。そしてすぐにACLです。今年も開幕戦はもちろん、蔚山にも行くことになっていますので、帰ってきたら報告できればと思っています。
ユニフォームも届き、去年のDVDも届き、どんどんと自分の中で盛り上がってきています。
頑張れグランパス!!

Jリーグの本年度スケジュールが発表になりました。ざっと参戦予定を

とりあえず、現時点での予定というか希望としては8月中までの20試合スタジアム観戦で・・・・

OK PSM 02月22日(日) 岐阜 13:30 豊田ス  
OK 01節 03月07日(土) 大分 14:00 豊田ス
OK ACL1 03月10日(火) 蔚山 19:30 蔚山  
無理 02節 03月14日(土) 山形 16:00 NDスタ.
OK ACL2 03月17日(火) 北京 19:00 瑞穂陸
OK 03節 03月22日(日) 清水 13:00 瑞穂陸
無理 04節 04月04日(土) 川崎 15:00 等々力
OK ACL3 04月07日(火) ニュ-カ. 19:00 瑞穂陸
OK 05節 04月12日(日) 浦和 16:00 豊田ス
無理 06節 04月18日(土) 柏   13:00 柏  
無理 ACL4 04月22日(水) ニュ-カ. 19:30 ニュ-カッスル
OK 07節 04月26日(日) 横浜 16:00 瑞穂陸
OK 08節 04月29日(祝) 広島 14:00 瑞穂陸
OK 09節 05月02日(土) 京都 16:00 西京極
OK ACL5 05月06日(祝) 蔚山 15:00 瑞穂陸
OK 11節 05月10日(日) 神戸 15:00 ホムスタ
OK 12節 05月16日(土) 大宮 13:00 豊田ス
無理 ACL6 05月20日(水) 北京 19:00 北京  
OK 13節 05月24日(日) 磐田 15:00 ヤマハ
OK 14節 06月20日(土) 千葉 15:30 瑞穂陸
無理 ACL. 06月24日(水) ACLラウンド16 (G組2位orH組1位)
無理 15節 06月28日(日) 新潟 16:00 東北電ス.
OK 10節 07月01日(水) 鹿島 19:00 瑞穂陸  
OK 16節 07月05日(日) G大阪 18:00 豊田ス  
無理 17節 07月12日(日) F東京. 18:30 味スタ
無理 ナQF. 07月15日(水) B1位. 19:00 アウェイ
OK 18節 07月18日(土) 京都 19:00 豊田ス
無理 19節 07月25日(土) 浦和 19:00 埼玉ス
無理 ナQF. 07月29日(水) B1位. 19:00 瑞穂陸  
無理 20節 08月01日(土) 大分 19:00 九石ド  
OK 21節 08月15日(土) 川崎 19:00 瑞穂陸  
無理 22節 08月19日(水) 千葉 19:00 フクアリ 
OK 23節 08月23日(日) G大阪 18:00 石川   
OK 24節 08月29日(土) 新潟 19:00 瑞穂陸  

JリーグオフィシャルDVD「名古屋グランパス2008イヤーDVD-Never give up」

JリーグオフィシャルDVD「名古屋グランパス2008イヤーDVD-Never give up」
のサンプルムービーというか、予告編みたいなのがオフィシャルにでました。
ブログ用のタグが有りましたので貼っておきます。

昨年は、アウェイ遠征もたくさんしたのでDVDが非常に楽しみです。
受付は来月頭からということですので、忘れないようにしなければ。

オフィシャルのタグではどうも上手く再生されないので、eyeVIOに載っていたタグを
貼り直しました。
むちゃくちゃ重いので、ご注意を。

リーグ最終戦 大分トリニータ戦 九州石油ドーム

今期最終戦。最終的にグランパスは3位でリーグを終えました。
引き分けで悔しくはありましたが、それ以上にすべてのホーム&多くのアウェイに参戦でき
その中でも多数の勝利を目の当たりに出来、選手、監督&スタッフへの感謝と
シーズンに対しての満足感でいっぱいでした。

行きは飛行機が点検箇所が出たとかで大幅遅れになるし、大分に着いたら雪がちらつき
九州なのに極寒だし、えらいとこに来たかなともおもったが、全員の円陣をみたら
寒さなんか吹っ飛びました。

画像


試合はお互い譲らず&決めきれずのスコアレスドローで残念ながら引き分け。
しかし、最後の最後まであきらめない姿勢はしっかり見せてくれましたし、
僕らも最後まであきらめずにしっかりサポートできたと思います。

上にも書いたとおり試合終了後はなんだか、チームへの感謝の思いでいっぱいになりました。
そして、天皇杯を是が非でも取りたいとの思いも新たにできました。

まだシーズンは残っています。最後まであきらめずサポートしていきます。

試合終了後は別府で一泊。
温泉にゆっくりつかってきました。
娘とこれだけ遠くの二人旅はそういえばはじめてかも。
次の日には、別府の地獄巡りバスツアーに参加してきたのですが
なんと、1/3くらいがグラさぽでした(^^;

明日はいよいよ大一番。大分へ行ってきます。

優勝争いを繰り広げながら、ついに最終戦です。
大一番です。明日、朝一番大分に向かいます。
本当は息子を連れて行く予定でしたが、小学校の部活で4年生ながら選手に選ばれたらしく
公式戦デビューと重なったため、急遽娘を連れて行くことになりました。

ゲーフラとLフラッグをもって行ってきます!!

ついにカシマスタジアムでグランパスが勝利!! 第22節グランパス-鹿島アントラーズ2-1

ついに、ついに、カシマスタジアムでグランパスでグランパスが勝利を収めました。
その場にいることが出来たことを感謝します。

その日は、試合前から雰囲気が違っていました。
カシマスタジアムに行くとなぜかいつも圧倒的な閉塞感とアウェイ感を感じるのですが、試合開始50分ほど前に到着したスタジアムのアウェイゴール裏は予想以上のグランパスサポーターで埋め尽くされていました。
そして、ゲーフラやらを準備しながら試合前に会場内で流れている音楽をのんびり聞いていたら、なんとなんとオアシスの「Don't Look Back In Anger」が流れ始めるではないですか。
カシマスタジアム側が知っていたのか知らずに流したのかは不明ですが、ゲーフラを掲げ思いっきり「Anthem Of Nagoya」を歌いましたよ。
おかげで明らかに僕らの気持ちがもう一段もりあがり、試合へ望みやすくなりました。ありがとう!カシスタ!!
画像



盛り上がった気持ちのまま、試合は始まりました。
試合開始直後は鹿島の選手達が前目からどんどん押してきたのもあり、選手達は少しふわふわした感じに見えました。そして開始直後、吉田選手のミスからマルキーニョスのゴールにて失点をしてしまいました。
画像



さすがに、嫌な感じを一瞬感じましたが、時計を見てみると早々すぎて逆に、あぁ時間はたっぷりあるから大丈夫と不思議と思えました。やはり、「Anthem Of Nagoya」が効いていたのかもしれません。選手達のふわふわ感も得点されたことで消えさり、いつもの鋭く激しい動きに切り替わりました。

そして、歴史が動き出す瞬間はすぐにやってきました。

玉田選手がもらったFKを自身がゴール前へ。そしてそのボールは吉田選手へ。値千金のヘディングでJリーグ初ゴールがカシマスタジアムでのゴールとなりました。FKもゴールもあまりにも鮮やかで主審が笛を吹くまで息をすることすら忘れていました。
画像

画像



いつもの通り中盤で激しい攻防があり、やはり鹿島の選手達は旨くゴール前へと迫ってきましたが、中村選手&吉村選手の気合いの入った厳しい動き、目が覚めた吉田選手の壁、竹内選手の気合いの入った守り&突破、阿部選手の絶対に負けない守り&効果的なサイドチェンジとグランパスの守備陣のすばらしさがよく出て前半を1-1で折り返しました。

そして後半、杉本選手のスピードをチームとして使うことがより出来るようになり、グランパスがゴール前に迫ることが多くなりました。
画像


小川選手がペナルティエリアへ突破し後ろから倒されたのがPKにならなかったのは、唸ってしまいましたが、それからすぐ、玉田選手の完璧なペナルティエリアへの突破は完全な1点もので、そこを足で完全に引っかけられ文句なしのPKゲットでした。
画像


そしてそのPKをヨンセンが気持ちの入った力強いキックで曽ヶ端の手に当たりながらも、気合いで押し込みついに勝ち越し。ゴール裏目の前のPKで、僕らも大いに盛り上がりました。
画像


そしてその後、65分に杉本選手を山口選手に、75分に玉田選手を米山選手に、そして極めつけは中村選手をバヤリッツァ選手に交代という、ピクシーの守りきれという珍しいけれども明確で力強いメッセージに選手達もしっかり答え、鹿島の幾重もの攻撃をことごとく跳ね返してくれました。

長い長い本当に長かったロスタイム3分が終わり、歓喜の笛が鳴ったときには、僕はさすがに泣きました。吠えました。拳を突き上げました。
画像



画像

長い長い本当に長かった鹿島での悪夢はピクシーが帰ってきてすっかり消え去りました。もう、グランパスは、僕らは突っ走るしかないでしょう。しっかりと前を見てこれからも応援していきたいです。

画像



画像

セントレアへオリンピック代表の見送りに行ってきました。

サッカーのオリンピック代表がセントレアから中国-天津に出発した。
愛知からの出発だし、ぼくらも同じ便で10に出発するということもあり
一番上の息子と一緒に下見ついでに見送りに行ってきました。

出発ロビー下のバスの発着場に到着した日本代表の選手、スタッフのみなさんをその場で出迎えたのは10人ほどだったかな。
まずは、吉田麻也選手、本田選手、豊田選手&その他の選手達に「頑張ってください。子供達と一緒に天津に応援に行きます」ということを伝えました。
その後、そこや出発ロビーに場所を移して息子共々ユニフォームにサインをいただけるかお願いし、ほぼみなさん快くサインに応じてくれました。

グランパス関係の選手はもちろん気持ちよく対応してくれました。その他に特に印象深かったのは、李選手がとても優しい表情で丁寧に対応してくれました。もちろん、他の選手達も最終的には相当な数になったたくさんのサポーターに対し、とてもいい雰囲気で対応してくれていました。
選手の皆さんの表情を見ていると、非常に自信に満ちた気力の充実した顔をされていたように思いました。きっと中国ではやってくれると思います。

サインをいただいたユニフォームを身にまとい、現地にてしっかり応援してきたいと思います。
今回は、子供達3人とも連れて行くので自分たちに関してはだいぶん心配ですが、
とにかく日本代表の勝利のために出来る限りのサポートをしてきたいと思います。

龍眼澄斗位呼美智 印入りポストカード ゲットしました。

グランパスがリーグ再開前に瑞穂競技場で練習をするということで、時間のとれる水曜日に行こうと思っていたら
中スポに下記の記事が。

ピクシー監督、ハンコにご機嫌
 ドラガン・ストイコビッチ監督のハンコつきサインカードが完成。「ミスター」「ストイコビッチ」の片仮名に加え「龍眼澄斗位呼美智」と当て字のフルネーム版も作製。選手時代を通じて日本で初めてのハンコにご機嫌のピクシー監督は、練習後に自らカードを配ると、約50人のファンは大喜びだった。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/200806/CK2008062502000050.html

うーん、火曜日は忙しくてどうしても抜けられず残念。と思いつつ今日瑞穂競技場へ練習を見学に。
練習はトヨスポでの普段とそう変わりはなかったけれど、瑞穂競技場での練習というのが新鮮な感じがした。
やはり、近いのがもっともありがたい。これからも時々やってほしい。

さて、練習が終わり、駐車場沿いに臨時ファンサゾーンが作られていたので、サインをもらうものは
花井選手と津田選手の写真しか持って行っていなかったけれど、一応ならんで来た選手一人一人に
声をかけていたら、突然ピクシーが現れた。そのまま帰ると思いきや、なんとファンサを始めたから
なにも用意していなかった自分は慌てました。ピクシーにサインをほしいユニや写真等々いろいろあったのに
持って来こなかった自分にがっくりしながら、練習まえにもらったフライヤーにサインをいただいた。
ピクシーがサインをくれた後、ピクシーについてきていたスタッフの方が、
ピクシー印入りのポストカードを配ってくれた。
「龍眼澄斗位呼美智」「ミスター」「ストイコビッチ」の3種類の印が押されたポストカードでした。
慌てて、そのポストカードを差し出し、なんとピクシーにサインをいただくことができました。

ちなみに、ピクシーはざっと200人近いファンのほとんどにサインをして、駐車場にあふれた少数のファンに
日本語で「つかれた」と言い残し去っていきました。

いやぁ、それにしても仕事を抜け出し見学に行った甲斐がありました。
コレクションの一つとして大事にしまっておきます。

画像

2008 4 5 グランパスvs F・マリノス 2-0最高です

まだまだ。もっと出来るはず。気を引き締めて。
と思っているのに頬がゆるんでしまいます。いや、気を引き締めて。

やはり玉田選手の献身的な姿!心に残りますね。
結果はついてきます。プレーに魅了されています。
ヨンセン選手。うちの娘がまだ小さいのに心を奪われています。
中村選手、吉村選手。気持ち・声しか届けられませんが、
なんとかそれを力にしてください。走られるように気持ちを届けます。
小川選手、マギヌン選手。縦へ横へ。ドリブル・パス。守備も。本当に頼もしいです。
吉田選手。本当は代表になんかやりたくないんですが、オリンピックに行くのなら
北京までついてきます。
バキ選手。心をくすぐるあのドリブルでの上がり!次も待ってます。
竹内選手。クロスでぶつけてください。去年に続き僕の中でさらに赤丸急上昇中です。
阿部選手。斜めを切り裂くサイドチェンジ。まさにすべての始まりです。
楢崎選手。南アまで、ブラジルまでずっとついていきます。
杉本選手。息子が尊敬しています。先日、あなたのプレーをトレースするようなゴールを決めて
「恵太選手みたいだった?」とまさに憧れのようです。

まだまだ、始まったばかり。
さらにさらにネバーギブアップ。僕らもスタジアムでネバーギブアップです。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

3/23 名古屋グランパス ヴィッセル神戸戦 1-0で勝利

リーグ戦再開してしまいましたが、折角アウェイまで行って勝利を収めたので
ナビスコカップの神戸戦を

神戸はリーグ戦、ナビスコを通して非常に良い戦いをしているだけあって、非常に良いチームでした。
グランパスと似た戦い方をしており、予想通り中盤でがっぷりと組み合った非常に見応えのある試合内容でした。
両チームとも中盤で細かく早いパスを回し、潰し合いともいえる戦いで、どちらかというと若干神戸が引き気味それも気のせいかというくらいで、ほぼ互角な戦いだった。
この試合、一番の活躍はGKの西村選手だったかもしれない。
楢崎がいない中で、完璧な内容で安定感のあるすばらし働きでした。本当に来てくれてありがとう。今までも2ndGKは良いキーパーばかりでしたが、その中でも最高かもしれません。安定性では川島よりも上でした。
画像

画像

目立っていたのはやはり、阿部選手、竹内選手のサイド攻撃。
サイドは若い力が本当に伸びてきて嬉しい限り。特に阿部選手のサイドチェンジは美しいの一言。
そして、今日良かったのは三木選手。本当に来てくれてありがとう。
DFはもちろん惜しいシュートもあり、DFの安定感、層の厚さを増してくれています。
そして吉田選手。もういつ代表に取られるかヒヤヒヤしなければならないかもしれないですね。
恵太選手については、チームがもう少し恵太選手を活かすパスを徹底して使わなければと思います。
あのスピードをもっともっと活かせば相手のDFを下げ、もっとグランパスのやりたいサッカーをしやすくできる気がします。
深井選手はやはりドリブルで大いに持ち味を出してくれました。チームの戦術としての早いパス回しとどう折り合いをつけていくかを見つけて欲しいですね。
最近サブに回る機会の多い藤田選手と山口慶選手。しっかりアピールが出来ていました。ボランチはいろんなタイプの選手が豊富にそろっていてこれからが楽しみです。
そしてマギヌン選手。だんだん切れが良くなってきています。開幕前に怪我があり心配しましたがチームにもフィットしてきていて、これからが楽しみです。攻めのタメ・アクセントになっていてすばらしいです。
そして、ゴールを決めた巻選手。どうしてもヨンセン選手と比べられてしまうため厳しいですがしっかりと結果を残してくれたので自信になったでしょう。本当にすばらしいゴールでした。

アウェイでの勝利を現地で味わえるのは本当に幸せを感じます。
次のアウェイ参戦は4/12清水戦になりそうです。楽しみです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

開幕戦の次の日、トヨタスポーツセンターへ行ってきました。

開幕戦の翌日、トヨタスポーツセンターでの練習の見学に行ってきました。

画像


基本的にはリカバリーのランニング程度で、終了後途中出場、サブの杉本選手・藤田選手・片山選手・吉村選手がハーフライン付近から、ワンタッチでゴールまで素早くボールを繋ぎサイドからクロスでシュート、シュート後全力で1/4ほど戻るという練習を繰り返していました。まさに攻撃的な美しいサッカーを作り上げている様な気がしました。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


さて、練習が終わった頃、コーチ陣と楢崎選手が、3対3のサッカーバレーをしていました。
ビデオを持っていって無かったのでカメラの連写で撮った写真をつなげてアニメGIFにしてみました。
ピクシー&コーチ陣&楢崎選手たちはとっても楽しそうにやっていました。
チーム内もいい雰囲気に感じました。

画像

Jリーグ開幕、グランパスは攻撃的で美しいサッカーを体現、京都と引き分け

Jリーグがついに開幕しました。
試合開始前の、「ピクシー、オレ!」のコールには鳥肌が立ちました。
先発
GK 楢崎 正剛(1)
DF 竹内 彬(30)バヤリッツァ(3)吉田 麻也(34)阿部 翔平(6)
MF 小川 佳純(29)中村 直志(7)山口 慶(13)マギヌン(8)
FW 玉田 圭司(11)ヨンセン(9)

SUB
GK:西村 弘司(21)DF:三木 隆司(2)MF:藤田 俊哉(10)MF:吉村 圭司(14)
MF:片山 奨典(27)FW:巻 佑樹(17)FW:杉本 恵太(19)

試合自体は、前エントリーに書いたとおり、一部見られなかったり、視野の限られたところで見たりでじっくりは見られなかったのですが、ピクシーの思い描く、全体を通してピッチを支配しパスを繋ぐ華麗で美しい攻撃サッカーをある程度体現していたように思います。

開始10分頃のPKは残念でした。竹内とバヤリッツァが一瞬お見合いのようになり、そこをパウリーニョにつかれ、ペナルティエリアでバヤリッツァがボールをクリアするもパウリーニョが倒れてしまった。判定自体は厳しいかとも思いましたが、その前のお見合いで崩されてしまっていたのでPKをとられても仕方がなかったかもしれません。
PKも楢崎選手はしっかり反応していましたが、パウリーニョの正確なキックで残念ながら失点。
しかし、選手達はここからがすばらしかった。慌てず、焦らず、諦めず、自分たちのサッカーをしてくれました。ピクシーの言う、ネバーギブアップを感じることが出来ました。
そして、後半の直志選手からの早いグランダーのパスを慶選手がワンタッチで流し、竹内選手がそれをワンタッチでピンポイントの早いクロス、それをDF二人に囲まれていたはずのヨンセン選手がジャストヘッドのすばらしいゴール。
ピクシーの目指す攻撃的で美しいサッカーでした。
その他惜しいシュートがなんどもありましたが、残念ながらドロー。
しかし価値ある内容のある試合でした。

楢崎選手は相変わらず神でした。
画像

竹内選手は非常に積極的に上がっていてすばらしいクロスでアシスト。
画像

吉田選手は本当に落ち着いてさらに成長した姿を見せてくれました。
画像

バヤリッツァ選手はDFの要であることはもちろん、鋭いドリブルで上がっていき攻撃参加も期待できそうです。セットプレーも必ず上がっていて近いうちにゴールも決めてくれるでしょう。
画像

阿部選手はの再度チェンジは分かっていても鳥肌が立ちます。視野が広くキックも強く正確で今後も楽しみです。
小川選手はホントに惜しいシュートがたくさんありました。すぐにでもゴールが決まりそうです。
期待しています。
画像

直志選手は、ゴールへ繋がる起点となるスルーパスがやはりすばらしかった。
あとはどんどんミドルシュートも打って欲しい。
山口選手も守備に攻撃におそれずどんどん行っていた。中盤で非常に効いていた。
マギヌン選手もすばらしい運動量とドリブルで見せてくれました。怪我で出遅れ連携がまだまだでしたが、フィットしてきさえすれば、すごいことになりそうです。
ゴールに絡んで行って欲しいですね。
画像

玉田選手は本当にキレキレで何度もゴール前で得意のドリブルで突破していました。あとは、周りと使い使われゴールを切り裂くだけです。
画像

ヨンセン選手のゴールは本当にビューティフルでした。相変わらずハイボールには絶対的に強く、ポストは良く、足が長いのでボールに届きと安心していられます。今年は何点決めてくれるか、たのしみです。
画像

サブでは、杉本選手がスペースの使い方が良くなっていたように思います。周りも杉本選手が入ったときにそのスピードを上手く使っていました。
今はサブですが、しっかり結果を残して欲しいです。
画像


次節、埼玉にはいけないので行かれる方、応援よろしくお願いします。
次のホームはナビスコカップです。今年はナビスコも本気でいって欲しいです。
期待しています。