J1リーグ第23節 グランパスvs川崎フロンターレ 2-1で勝利!!【J特】

毎年毎年、大量失点してとぼとぼと帰っていた等々力競技場。
今年は、到着前からなんだかいつもと違う感じが。
なんと菊名駅で虹が!!
画像


そして競技場へなんとかキックオフ1時間程前に到着し
雨がざっと降ったりするなか、充実したスタジアムグルメを楽しみキックオフへ。

残半は珍しくというか、ほぼグランパスペース。ただゴールがまたしても遠い。
そして、後半。
一進一退の攻防。
義成選手がファインセーブ
画像


しかし、少し疲れてきているがそれほど崩されていないのに、
隼磨選手のところを抜かれてうまいシュートを決められてしまった。

前節のこともあり、自分は少し不安になったのですが、
選手達はしっかり自信を持ってプレーをしてくれました。
そして、ゴール前のすばらしい永井選手の粘りからのクロスをケネディ選手がヒールで流し
それをブルゾ選手がシュート。相手がブロックに飛び込んだところがハンドの判定でPKに。

それにしても、ケネディ選手のPKの落ち着き様はすばらしい。
難なく決めて振り出しに。
画像


そして、それからまもなく。
自陣でケネディ選手が奪い返したボールがブルゾ選手、藤本選手とうまく渡り、藤本選手の早いクロスに
既にゴール前まで走っていたケネディ選手が高さとうまさを見せつけゴール。
本当に、鳥肌が立つようなゴールでした。
画像


最後は、またしても攻め立てられましたが守りきり、
ついに、等々力競技場で勝利!!

通って通ってついに報われました。
鹿島スタジアムの時もそうでしたが、
勝ったときの気分は本当に天にも昇るようなすばらしいものでした。

J1リーグ第20節 グランパスvsジュビロ磐田 2-1で勝利!!【J特】

試合前に楢崎選手の怪我、ダニルソン選手の怪我とネガティブな要素もありましたが、
高木選手が信頼できることは十分すぎるほど実感できているし、
今の中盤は本当にすばらしいから、大きく心配せずに応援できた気がします。

試合前には先日亡くなった松田選手のために皆で黙祷。
2002年のワールドカップでは本当にすばらしかったし、
感動させてもらった。
Jリーグでは敵として見て、本当にすばらしい選手だった。
僕らでもそのショックは非常に大きいのに、
松田選手と親しかった選手達の気持ちを思うと
今日の試合本当にしんどかったと思うが
川口選手も含め、皆本当にしっかり戦っていた。

試合の方は、またしても先制されてしまったが、
もう何となく慣れっこになっているのか、しっかり攻めることができていたからか
何の心配も感じず、妙に落ち着いて応援することができるようになっていた。
そして、先制されてから10分弱、ついに小川選手がやってくれました。
ずっと調子自体は良さそうで、後はゴールだけという状況がずっと続いていた中で
ついに今季初ゴールを決めてくれました。
すばらしいゴールでした。
画像


そして、後半。
ケネディ選手のすばらしいシュートを何度となく川口選手がファインセーブを見せる中。
そのケネディ選手からのパスを受けた永井選手が、本当にJリーグ初ゴール?
というくらいの冷静なシュートで勝ち越し。
画像


待ちに待った2人のゴールで本当にすばらしい試合になりました。

試合後は隼磨選手のシャツに「ありがとう松田直樹」の文字が。
隼磨選手、しんどかったと思いますが、よく頑張ってくれました。
画像

名古屋グランパス 中村直志選手トークショー in 名古屋市博物館 【J特】

直志選手が名古屋市博物館にくるということで、お昼を早めに済ましいってきました。

画像


颯爽と現れた直志選手。トークショーの始まりです。

今日の直志選手とっても、とってもおしゃべりをたくさんしてくれました。
小さい頃から大学時代の他では言えない?大学当時の監督の話など
司会の瑞穂通商店街の米倉さんが、資料をとりにバックに少し下がって
一人になったときも、ご自分で質問を会場から受け付けていました。

サッカーをしているという小学校に入るかどうか位の子供からの質問に
とってもタメになるアドバイスをしていました。

画像

画像


そして、後ろに飾っていた「みんなでがんばろう」パネルにメッセージを書く直志選手。
「一緒にがんばろ!」

さらに、いい笑顔を見せてくれた直志選手。

画像


なんとここで抽選会が! 直志選手サイン入りグッズなどなどを、直志選手の抽選で。
なんとうちもサイン入り下敷きがあたりました。

画像


本当は最後にサイン会を抽選でおこなうとのことでしたが
ここで、直志選手が「全員にできないかな?」と!!

急遽全員参加のサイン&撮影会になりました。

画像


またしても、惚れ直しました。

試合の勝った次の日に直志選手とふれあえ、本当にいい1日でした。

Jリーグ第6節  グランパスvsサンフレッチェ広島 3-2で勝利【J特】

Jリーグ第6節 サンフレッチェ広島戦。

サポートタウンプレゼンツ サメ釣り抽選会が有ったので、お手伝いで受け付けをしていました。
お店からも商品として熱中症対策のための補水液OS-1を出させてもらいました。
クラブからも、試合球やサイン入り練習着などを出していただき、なかなか盛況でよかったです。

さて、試合の方はいきなりカウンターから先制されるというここ最近よく見る状況でした。
そして、やはりここ最近よく見る強さも見せてくれました。
前半15分に闘莉王選手のすばらしいゴールが決まり前半の早いうちに追いついてくれました。
画像


そして後半、CKからあれあれ?って感じでゴールにボールが吸い込まれました。オウンゴールだったようです。

さて、こうなったらグランパス通算1000ゴールを期待!!
そして歓喜の瞬間は増川選手でした。すばらしい!!

画像


最後に相変わらず攻めさせて得点されたのは反省材料でしょうが、
しっかり勝ち点3をゲットしてくれ、試合前にお手伝いした甲斐もあったということで、
大満足な試合でした。

Jリーグ第3節 アウェイ グランパスvsヴィッセル神戸 1-0で勝利【J特】

Jリーグ第3節 アウェイ グランパスvsヴィッセル神戸 

ぎりぎりにスタジアムに到着したら、ゴール裏は満員。
アウェイゴール裏を狭く区切っている割には神戸サポは入れておらず意味の分からない運営。
試合開始後、バックの客を入れていたが正直アレはだめだろう。

さて、試合の方は前半は割と良い攻撃が見られるも、ここ最近のグランパス通りゴールが妙に遠い。
後半は前がかりになったところで決定的な場面を作られはしたが、高木のすばらしいセーブで
ゴールをしっかり守り、そして80分を過ぎたところで、自陣で開いてボールを奪った直志が
長いドリブルから、狙い澄ましてロングシュート!!
ゴールへ1直線。すばらしいゴールを見られ、もうそれだけで神戸まで来た甲斐があったというものでした。
怪我からの復帰戦、途中からでた試合でずばりと結果を出してくれ、本当に嬉しい限り。
さぁ、ここから!!

画像

ゼロックススーパーカップ2011 vs 鹿島アントラーズ1-1(pk3-1)でまず1冠【J特】

ついに開幕しました。
今年はJ王者としてのゼロックススーパーカップ2011からシーズン開始です。

スタジアムは開幕のお祭りといった雰囲気。
ゼロックスのブースではクッションプレゼントとマスコット写真撮影と選手と会える抽選をしていて
1時間近くならんで抽選は外れ、写真は自分達から片チームのマスコットのみとの写真になり
クッションは落としてしまうという散々な結果だった。

会場前広場では、Jリーグのスタグルメが勢揃いということで、
それほど並んでいなかった川崎の塩ちゃんこを食べましたが、
本当は普段経験できないJ2のスタグルメも食べたかった。

列で待ったり、プログラムを買ったりとお祭りの分行くを十分満喫して
ゴール裏に戻ると、ちょうど選手達のアップが始まるところ。
お祭りから勝負の雰囲気へと徐々に変わっていき、ワクワクも最高潮。

画像


そして選手達が入場してきて一気にシーズンモードに

画像


そして、王者としてのシーズン最初のキックオフ!!

画像


前半はお互いある程度コントロールしながら、0-0で終了。
あっという間の45分。

後半最初はグランパスのペース。
画像


そしてゴール正面でフリーキックを得たグランパス。
藤本のFKにドンピシャで合わせたのは増川!!
今期の最初のゴールはマッスーのヘッドでした。

画像


しかし、ペナルティぎりぎりの辺りでFKを与えてしまい、野沢に決められてしまった。
その後は、ACLもあるため早めに金崎、中村を下げ吉村、三都主と交代。
玉田がももを強打し花井と交代。
交代した3人ともしっかり役割を果たしてくれていました。
花井は急遽だったが、しっかりゲームに入ってこなしてくれたので今後に期待大。

藤本選手はFK、CKもいい球筋。攻撃のコントロールだけではなく守備も非常に貢献してくれていて非常に大きな補強となったように思います。
ケネディ、闘莉王はまだ100%ではない様子だが、そこは大丈夫でしょう。
小川、直志も鹿島相手にしっかり仕事をしてくれていた。
隼磨、阿部の両サイドは変わらず攻守の要となっていた。
玉田、金崎はサイドだけでなく中への動きがよく見られたので、今期の攻撃は楽しみ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


と、後半は1-1で結局決着がつかず、PK戦へ。

画像


いつものごとく全員で円陣を組み最後の勝負へ。

1本目ケネディが止められてしまうが、そこからがすごかった。
すぐさま、楢崎が止め返してくれた。
画像


そして2人目の藤本、3人目の三都主が決めてくれ
画像

画像


鹿島も1人決めるが、

その後、楢崎ががっちりとなんとキャッチ!!ガッツポーズも!

画像

画像


そして4人目の小川が決めてくれた。これで2差。

画像


そして、最後まで楢崎はやってくれました。なんと4人中3本のPKを止めるというNo.1GKの力をこれでもかと発揮し名古屋に今シーズン最初のタイトルをもたらしてくれました。

画像


その後は、やはりもうお祭りでした。
画像

画像


もうシーズンの頭から幸せ全快ですが、すぐにACLがアウェイで始まり、Jリーグもそのまま開幕です。
いきなり厳しい日程の連戦です。今日の勝利は今日の勝利で、すぐに切り替え前に向かっていきましょう。

2月20日 トヨスポ 練習試合 vsヴァンフォーレ甲府 【J特】#j_toku

シーズン前の最後の練習試合がトヨタスポーツセンターにて行われた。相手はJ1に帰ってきた甲府。
2時からの練習試合に12時50分ほどに到着したら、もう見学席は満員、バック側も満員、ゴール裏は見にくい場所が開いているくらい、それでも後からぞくぞくと見学者が詰めかけて最終的にはものすごい立ち見で足の踏み場もないくらいだった。期待の高さが感じられた。

さて試合の方は、新加入の永井と藤本が十分存在感を発揮していた。
特に永井はスピード、ゴール前の度胸、足下とも十分やっていけると感じさせてくれた。
スピードはいわれていたとおりのもので、しかも裏に抜けるだけではなく、真ん中でもゴリゴリとドリブルで突破もする、高さもあってヘディングで競り勝ってもいたので大いに期待できるだろうし、試合でも使われると思う。

画像

画像

画像


藤本も今日もボールの散らし、ドリブル、クロス、コーナーキックと期待できる動きをしてくれていた。
画像


金崎は別府では良い動きだったが、疲れがたまっているのか今日はそれほど目立っていなかった。ただ、本番までの1週間できちっと調整してくれるだろうからそれほど不安なし。

名古屋は前半9分に闘莉王のクロスから、小川のヘッドで先制。前半終了すこしまえまでは甲府を圧倒していた。
画像

画像


後半終了間際、前掛かりになっているところでミスやカウンターから立て続けに2失点。ちょっとチームとして守備意識というか集中力に欠いた感じだった。問題点が本番前に出てよかった。しっかりと意識して修正してくれることを期待したい。

後半途中からサブ組がどっと交代。花井の惜しいFKと高木の連続ファインセーブが見所だったくらい。
ものすごい人だったので、終了してすぐにトヨスポをはなれた。

昨日の「シーチケ保持者カンファレンス」今日の「練習試合」明日「グランパス2011キックオフ 後援会&スポンサーの集い」水曜日「サポートタウン連絡会」そして土曜日の「ゼロックススーパーカップ」と怒濤のグランパスのスケジュール。楽しいシーズンが始まった。

グランパス別府キャンプ見学 vs 福岡大学&地獄巡り 2/12【J特】#j_toku

別府キャンプに見学に来て2日目

別府です。朝はまず温泉。朝と晩ではやっぱり風情も違うのでいいものですね。
朝風呂に入る選手もいました。

さて、この日はグランパスは15時からの練習試合だけなので
僕らは観光に出かけました。
まずは定番の地獄めぐり。
時間が足りないので、龍巻地獄と血の池地獄は次の日に残し
白池地獄、鬼山地獄、かまど地獄、山地獄、海地獄、鬼石坊主地獄とまわり
http://www.beppu-jigoku.com/pan.htm

お昼を過ぎたので「地獄蒸し工房 鉄輪」へ
http://www.city.beppu.oita.jp/02kankou/01info/02shisetsu/15jigokumushi.html
鉄輪では江戸期以前から用いられていた調理法「地獄蒸し料理」を体験できる施設です。

結構混雑していて30分待ちとのこと、12時40分頃申し込んで結局呼ばれたのが1時半
釜の基本使用料が30分で500円、食材は持ち込みでもOK、
施設にも「わっぱ飯」やら「海鮮セット」「野菜セット」などなどいろいろありました。
で、前にあるお店で少し高かったけど鯛の切り身を買って、後は施設の物をいくつか。
ほうれん草が3分、キャベツが5分、芋や鶏肉なんかは30分、他は15分くらいとのことで
順番に釜から出しながらみんなでわいわい。
野菜がものすごく甘くなっていてびっくりするくらいうまかったです。
15時開始の練習試合にぎりぎりになりそうだったので、芋は少しだけ食べて
ビニールに入れて持ち帰りしました。これが後で幸いしました。

タクシーで慌ててホテルに荷物を取りに行き、そのまま練習場へ。
ちょうど選手達のアップが終わり試合が始まるところでした。ぎりぎり(^^;
練習場につく頃には雪が降っていて、ものすごい寒さで、さっき蒸したお芋を食べながら観戦できて非常にラッキーでした。

画像


1本目は
楢崎
隼磨 闘莉王 増川 阿部
吉村
小川 中村
金崎 ケネディ 玉田
はじまる少し前から雪が急にひどくなってきました。
凄い雪になってきて、カメラとレンズにバンダナを巻いていたそのとき
玉田選手のゴールだったようです。
バンダナを結んでいたところでゴールの瞬間に顔をあげたので
金崎選手かなと思ったのですが、後で結果を見たら玉田選手でした。
しっかり見られず非常に悔しい思いでした。

画像


この日の小川選手もとっても良かったです。

画像


金崎選手はやっぱり一番目立っていた気がします。歓声も一番大きかった。
サイドのみではなく中央に切れ込むことも多く、去年とはちょっと違うぞって感じでした。

画像


闘莉王選手は危ない場面での読みやら、スライディングやら別格な感じでした。
写真は闘莉王選手が走っている横から、相手が振り向きながら闘莉王選手に気づかずに
走りだし出会い頭にぶつかった所ですが、角度からいっても闘莉王選手が倒れるかと思いきや
ほぼびくともせず、相手の選手が跳ね返って倒れたところです。
なんだか身体のつくりが全く違うような印象でした。

画像


見学していた場所はトヨスポよりも近い環境で、目の前を金崎選手が迫力あるドリブルをするので声援も一段と大きかったです。

画像


1本目は吉村選手がアンカーでした。中村選手や小川選手とカバーし合いながらうまくこなしていました。
相手の問題かも知れませんが、十分でした。ただし、アンカーの両サイドのスペースを使われるケースはありました。でも少なくともこの試合では闘莉王選手、増川選手の壁はしっかりしていました。

画像


2本目が中途半端に終わり、3本目に西村選手、松尾選手、磯村選手、千代反田選手、
三都主選手、久場選手、藤本選手、花井選手 橋本選手が入ったと思ったのですが
どうも2本目の途中の交代だったようです。
2本目藤本選手、抜けだし相当長い距離をスピードに乗ってドリブルで持ち込み
ゴール前で橋本選手に流し、


画像


橋本選手がクロス、玉田選手が難なくゴールを決めてくれました。
今年も玉田選手はゴールを量産してくれそうな気がしました。

画像


3本目は時々ゴー前まで攻められることもありましたが、それほど危険なシーンは無かったと思います。
西村選手の好セーブもありました。

画像


花井選手のシュート。
テクニックや攻撃面では本当に光る物が見えるので、何とか出場して結果を出して欲しいですね。
顔が小さくきれいだからわかりにくいけれど身体も入団した頃と比べたらずいぶんしっかりしてきたように思います。

画像


3本目途中から金崎選手と小川選手が再登場
金崎がトップで奮闘していました。

画像


藤本選手のシュート。完全に崩して決めるだけの所だったのでポストに当ててしまったのは残念。
休暇から合流して間もなかったで相心配はしていません。逆に相当良い動きやポテンシャルを見せてくれました。

画像


小川選手、いったん下がっての再登場ということで結構きつかったはずなのにしっかり走っていました。

画像

画像


最後に橋本選手が切り返し、切り返して冷静にゴール。
3-0で試合終了。

全体として、守備に関してはある程度打たして跳ね返し、最後は楢崎選手という戦術は今年も同じ様子。
今年も相手の「内容は良かった。なぜだか負けた。」というフレーズをたくさん聞きそう。
攻撃は藤本選手が入ったことと、金崎選手がより成長したこと、玉田選手絶好調ということで非常に楽しみ。
ケネディ選手がまだまだ本気じゃなかった気がします。
先日の大分戦ではゴールしたみたいなので、攻撃面では去年よりも楽しい物になりそうです。

雪があまりにもひどく、足先の感覚がなくなり身体の芯まで冷え切ったので、試合終了後歩いてですが急いでホテルへ。温泉に直行して暖めました。
入っていると選手達も入ってきてその会話などが聞けてより今期への期待がふくらみました。
特に藤本選手が喜熨斗コーチに清水との違いはあった?聞かれて「早い」と話していたことが印象に残りました。
喜熨斗コーチが「玉田、金崎、中村と藤本でもっと早いぞ」て言っていて力強くうなずいていたのを見て頼もしかったです。

夕食は予約していたホテルから割と近い割烹平家というところで、贅沢にも「関さば」と「ふぐ」をいただいてきました。関さばは活け作りで。もうそれはそれはうまかったです。大分ではふぐの肝が食べられ、これがまたうまかったです。正直今までで一番贅沢な食事でした。
お酒も飲んだので歩いてホテルまで帰ってすぐに寝ちゃいました。

次の日も朝一で温泉へ。ホペイロの松浦さんと一緒になり、少しお話させていただき、お風呂からロビーに行ったところでピクシーが!!
サインをお願いし快くサインをいただき、また、子供達と一緒に写真も撮ってくれました。
今年の年賀状の写真が決定しました(^^v

ホテルをチェックアウトし残りの地獄めぐり(血の池地獄と龍巻地獄)へ行き、またしても地獄蒸し工房へ
そこへ、コーチ陣とともにピクシーが通りかかり、手を振ってお別れ。
昨日とは違う食材も買い今度はゆっくりと味わいました。
お昼をゆっくり食べて帰宅の途につきました。
最後までなかなか楽しいグランパス別府キャンプ見学勝手にツアーでした。

グランパス大分キャンプ見学に行ってきました。2/11【J特】

朝、少し遅くなり6:45頃家を出て、7:20頃に金山到着。
限定マナカの列を見て少し惹かれるも振り切って、JRへ。
名駅で新幹線の自由席券を買って、1本やり過ごし、先頭で新幹線を待つ。
無事6人まとめて座れ長い旅に。
新幹線はDVDを1本半ほど見ている間に無事小倉に到着。
小倉からのソニックが超満員で座るどころか、すし詰め状態。
揺れることもあり、結構大変だった。

そんなこんなで2008年最終戦以来の別府に到着。
ホテルに到着。「名古屋グランパス様」と書かれたバスがおいてある。
ホテルのそば屋さんで昼食。十割そばをおいしくいただき、
チェックインの時間を待ち、無事チェックイン。
そろそろ、選手達が午後の練習へ出かける時間なのでエントランスへ。
グランパスの選手達を見送る人たちが15人ほど。
何人かの選手はサインもしてくれていた。
選手を見送り、もう少し待っているとピクシーとボスコが。
子供がサインをもらおうとトライするが、「選手達が待っている」と
あえなく撃沈。

気を取り直してタクシーで練習場へ。
選手達はもうアップを開始していた。
雨がひどく、なかなかつらい環境での見学でしたが、
久しぶりのグランパスの選手達をみられて、嬉しい限りでした。

画像

楢崎選手、相変わらずかっこいいですね。いい笑顔も見えて順調そうです。
今年も「残念そこは楢崎」作戦でしょうから、元気に頑張って欲しいです。

画像

闘莉王選手、目だけ出しての練習。相当の寒がりかと思いきや
次の日のスポーツニュースで低酸素トレーニングだそうで、
でもやっぱり寒がりなんじゃないかな・・・。
大きな声を出して楽しそうにやっていました。

画像

ピクシー!!時々攻撃練習に自身も入っていました。
写真はサイドに走り込むピクシー。

画像

新加入の藤本選手。
まだまだグランパスの特徴を吸収しているところのようですが、
随所で技術の高さを見せてくれていました。非常に楽しみです。

画像

夢生選手。やはり、大分にいたこともあり声援は一段と大きかった。
見学していたサイドに流れることが多かったこともあるかも知れませんが
一番目立っていたように思います。今年の要になりそうです。

画像

三都主選手。相変わらずすばらしい技術。
今年も楽しみです。

全体練習終了後、クールダウンで走っているのかと思いきや、
結構な時間を走り込みしていました。
技術的・戦術的だけでないシーズンを通しての戦いを見据えた
キャンプだということを十分実感できました。

練習終了後、ホテルまで歩いて帰り、選手達を出迎え「お疲れ様」と声を
かけさせてもらいいったん部屋へ
雨がひどく、靴の中もぬれてしまい、あまりに寒く体の芯まで冷えてしまったので
そのままホテルの温泉へ直行。

温泉の入り口を開けたら、楢崎選手が目の前に。
他にもたくさんの選手達が!!
子供達と大興奮でしたが、さすがに緊張しておとなしくしていました。
金崎選手が喜熨斗フィジカルコーチに体調管理について質問していたりと
お風呂ならではの光景がありまた、選手達の本当にすばらしい肉体美は
本当に感動すら覚えました。
特に元太選手の絞り込まれた肉体は神々しくさえ感じました。
あと、増川選手が何というかとにかくものすごかったです。
お風呂では、喜熨斗コーチが家族構成が同じということで、
子供達の相手もしてくれ、いろんなお話をすることができ、
すばらしい時間でした。

夕ご飯は疲れもあり、お昼を食べたお店で豚しゃぶをいただきました。
そばつゆにつけて食べる豚しゃぶでお店の人が豚に相当自信があるよう、
これが本当においしかったです。
部屋に戻ったら、疲れからそのまま寝てしまい、あっという間の1日目でした。

2目目練習試合に続く

前半の日程がでましたが、結構参戦厳しいっすね。【J特】

前半戦の日程が発表されましたね。個人的には最悪の時間ばかり。
アウェイほとんど行けないかも。

ざっと見たところ、ホームはACL1試合不参戦 鹿島戦が難しい感じ。
アウェイは結構ずたずたかも、ゼロックスは今期の開幕なので無理して行くにしても
ACLは行けても1試合かな。ソウルには何とか行きたい。
リーグ戦は前半のはじめはぼろぼろ。アウェイ8試合中3試合しか行けそうにない。
我慢のシーズンになりそう。


ゼロック.02月26日(土) 鹿島 13:35 日産ス  参戦
ACL1 03月01日(火) 杭州 *19:35 杭州    不参戦
01節 03月05日(土) 横浜 14:00 豊田ス   参戦
02節 03月12日(土) 仙台 16:00 ユアスタ. 不参戦
ACL2 03月15日(火) PO.  19:00 瑞穂陸   参戦
03節 03月19日(土) 神戸 14:00 ホムスタ  不参戦
04節 04月02日(土) 鹿島 13:00 豊田ス.   参戦?
ACL3 04月06日(水) ソウル 19:00 瑞穂陸   参戦
05節 04月10日(日) 山形 13:00 NDスタ  参戦
06節 04月16日(土) 広島 15:30 瑞穂陸   参戦
ACL4 04月19日(火) ソウル 20:00 ソウル    参戦したい
07節 04月24日(日) 浦和 16:00 埼玉     参戦
08節 04月29日(祝) 川崎 19:00 瑞穂陸   参戦
ACL5 05月04日(水) 杭州 14:00 瑞穂陸   不参戦
10節 05月07日(土) 清水 15:00 瑞穂陸   参戦
ACL6 05月11日(水) PO.  19:00 アウェイ   不参戦
11節 05月15日(日) 甲府 13:00 中銀スタ   参戦
12節 05月21日(土) 柏   16:00 豊田ス.   参戦
ACL. 05月25日(水) ACLラウンド16 (H組2位orH組1位)  未定
13節 05月29日(日) 福岡 16:00 豊田ス.  参戦
14節 06月11日(土) 磐田 14:00 ヤマハ.  不参戦
15節 06月15日(水) 新潟 19:00 瑞穂陸  参戦
16節 06月18日(土) 大宮 19:00 瑞穂陸  参戦
17節 06月22日(水) C大阪 19:00 金鳥スタ  不参戦
18節 06月25日(土) 浦和 19:00 豊田ス.  参戦

早めに今期の日程を考えてみる。【J特】

グランパスも明日から始動だし、そろそろシーズンの事も考えてみる。

Jリーグ日程をコソーリ教えあうスッドレによると前半戦の日程は
h鞠 a仙 a神 h鹿 a山 h広 a浦 h川 a脚 h清 a甲 h柏 h福 a磐 h新 h宮 a桜

日程スレは毎年だいたいあっているからこんな感じになるんだろう。

横浜FM(3/5土ホーム) 仙台(3/12土アウェイ) 神戸(3/19-20アウェイ) 鹿島(4/2土ホーム)
山形(4/9-10アウェイ) 広島(4/16土ホーム) 浦和(4/23-24アウェイ) 川崎(4/29金ホーム)
ガンバ(8/17水アウェイ) 清水(5/8日-7/27水ホーム) 甲府(5/15日アウェイ) 柏(5/21-22ホーム)
福岡(5/28-29ホーム) 磐田(6/11土アウェイ) 新潟(6/15水ホーム) 大宮(6/18土ホーム)
セレッソ(6/22水アウェイ)

後半開始が7/30

ナビスコの決勝トーナメントが7/16・23だから、中盤の古川キャンプは6/29-7/12位かな
3/12の仙台は昼だろうから無理だろうなぁ。神戸のアウェイは行きたいけどせめて土16時以降じゃないと厳しいか
山形は日程的にも地理的にも厳しい。浦和は日曜昼ぽいし行けそう?
ガンバは8月だけど、お盆だし行けるかな。甲府はたぶん日曜だろうし行ける?
磐田も時間次第。エコパの方が助かるけど。大宮は土曜決定だから夕方でも微妙かな。
セレッソは行けそう。

なんとかACLアウェイに1試合だけでも行きたいと切に願っていますが・・・・
一応ソウルの宿は予約しています。
ACL
3/1火アウェイ杭州 3/15火ホームプレイオフ 4/6水ホームソウル
5/4水ホーム杭州 5/11水アウェイプレーオフ
下手をすると4/6のホームしか行けないかも。

こうやって考えたら、去年よりも若干厳しそうな日程。
しかも、来年度は第3土曜日にでられなくなる可能性があり極端に行けなくなる可能性もありうる。
なんとかうまくまわりますように。

注)日程は発表されている極一部以外はすべて想像ですのであしからず。

Jリーグ第34節 名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島 2-1 勝利して優勝セレモニー【J特】

リーグ最終戦、ホームで勝ってみんなで幸せを感じて終わりたい。
前回のホームではサポーターもふわふわした雰囲気でそたが
今節は選手もサポーターもみんなの気持ちがまた一つになっていた気がします。
そして、ケネディに得点王をという目に見える目標もありました。

そのスタジアムの思いが前半実りました。
22分、小川が右サイド深くで相手を抜きすばらしいクロスを上げ
ボールの行方には、もちろんケネディが。
すばらしいゴールでした。

画像


そして、10分後。
今度は退団が発表されているマギヌン。
はじめからゴールを寝狙う気持ちの見えていたマギヌン。
チャンスにずばりと決めてくれました。
画像


前半ロスタイムにゴールを決められてしまうが、
1点差ゲームとなれば、楢崎選手がすばらしいセーブで守りきってくれます。
画像


結果2-1。年間最多勝数・得点王・最多勝ち点。

「We are the CHAMPIONS」
この誇りを胸に、さらなる高みへ行きましょう!!

画像

Jリーグ第31節 名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ 1-0 リーグ初優勝決定!!【J特】

やりました。ついにやってくれました。
名古屋グランパスがリーグ初制覇です。

14時キックオフ、優勝の可能性もあるということで、
朝から出て行っては出遅れそうな気がしたので前のりすることにし
前日から平塚に入りました。PM11時頃にホテルにチェックインし
その足で、スタジアムへ行きシート貼り。僕らはアウェイ6ゲートだったので10番目でした。
ゴール裏立ち見5ゲートはその時点で約100枚のシートが貼ってありました。

試合当日、10時にホテルを出てスタジアムに10時40分ほどに到着。
既にものすごい数のグラサポ。スタジアムグルメも充実していて、
アレルギーの子供達も食べられるものもあり、試合前のどきどきを楽しめました。

試合は中盤でなかなかボールをキープできずどちらかというと湘南ペース。
名古屋も玉田の鋭いドリブルで反撃。前半を終えて0-0
携帯で鹿島の試合をチェック。そちらも0-0だった。

後半、湘南に攻められるもゴールはしっかり蓋ができていた。
そこに杉本が途中から出場。
明らかに今年の杉本に見られなかった、往年の杉本の走り方他が見えた。
「杉本が走り方を思い出した」そう思った瞬間、阿部からのロングサイドチェンジを
受けた杉本がそのスピードで相手を抜き、クロス。
ゴール前に走り込んだ玉田がヘッドで値千金のゴールをたたき込んでくれました。

画像

画像


最後は湘南の攻撃にとにかく耐え抜き、楢崎のキック直後に試合終了の笛。

選手達がガッツポーズ、ベンチからは選手・スタッフがピッチへ。
神戸での鹿島戦の結果をチェックしていなかったので結果は????だったが
スタジアムDJにより、神戸の試合結果が引き分けであり、名古屋が優勝したと放送で知り、
僕らも大爆発。歓喜の渦でした。
大円団、ピクシー胴上げ、ボスコ胴上げ、豊田社長胴上げ、楢崎胴上げ、
湘南とのエール交換、選手達が湘南に挨拶、名古屋からの帰ってこいコール。
表彰式、シャーレ授与、シャーレを楢崎が掲げ万歳。
そして選手・スタッフ皆さんがバックスタンドの僕らの前に来てくれまた万歳。
直志の涙。豊田社長とピクシーの万歳。
カンピオーネ大合唱。もう本当に幸せの時でした。

このチームをサポートでき本当に本当によかったです。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

その場に家族でいられたことを本当に嬉しく思います。

天皇杯 4回戦 名古屋グランパスvsアルビレックス新潟 【J特】

天皇杯4回戦、アルビレックス新潟戦。
選手達は最後はへろへろになりながらすばらしい戦いを見せてくれました。
若鯱主体のなんだか嬉しくて涎が出るような先発メンバー。
苦手の新潟相手なだけに、厳しい戦いではありましたが、
なんと開始早々の7分。うまく崩して三都主がいきなりゴールを決めてくれました。

画像


三都主は、若手中心のチームの中で一人ピッチ全てを見透かしたようなプレーで
ボールを落ち着かせ、ゲームをコントロールしていました。
三都主がボールを持つとなぜかスローモーションで全てが動いているような
不思議な感じがしました。

しかしながら、さすがに新潟。後半追いつかれると、防戦する時間が増えていきました。
しかし、そこに立ちはだかったのは、我らが高木義成!!
何度も何度も決定的なボールをゴール外へ掻き出し、ものすごいスーパーセーブを連発。
本当に痺れました。

そして、延長も高木の大活躍で守りきりPK戦へ。

まずは三都主危なげなく決める。
画像


そして、巻。しっかりと決めてくれました。
画像



次に田口。堂々としたPK。すばらしい。
画像


ここで、高木。やってくれました。ビッグセーブです。
画像


そしてプレッシャーのかかるところで、攻守に頑張った橋本。すばらしいPK
画像


そして、最後。もっともプレッシャーのかかる場面に、飄々と決めてくれた磯村。
画像


キッカーは全てPK成功。高木がしっかり1本止めてくれ本当に感動の勝利でした。
去年の忘れ物を取りに国立に是が非でも行きましょう。
次の準々決勝はクリスマス。楽しみです。

Jリーグ第30節名古屋グランパスvs大宮アルディージャ 2-1【J特】

Jリーグも大詰めの残り5試合。
相手は関係なく1戦1戦積み上げて行くのみとはいえ、胃の痛い毎日です。
しかし、選手達はけが人が出て大変な中、本当にハードワークをしてくれています。
大宮アルディージャ戦は、なんと試合開始早々に、ブルゾがゴールをしてくれました。
コーナーからの相手クリアが小さくなったのを角度のない難しいところで
すばらしいゴールでした。
画像


しかし、30分過ぎブルザノビッチが突如負傷。膝を押さえていたようで非常にに心配。
シーズン終盤でどうしても負傷者がでてきて厳しい。

そして負傷のブルゾがピッチからでていて人数が足りない隙を突かれ失点。
それでも、選手達は全く動じることなくしっかり戦ってくれました。

今度は深い位置でもらったFKを増川がドンぴしゃのヘッドでゴール。
増川のヘッドのゴールなんていったいいつ以来だったか。
あんなにでかいのに思え出せないくらい久しぶりのものすごい重要なゴールで
ゴール裏も大爆発。

画像


その後は大宮のラフなプレーが続き李浩が退場。
後はリスクを最小限に抑えながら危なげなく試合を運び、大きな勝利!

瑞穂競技場もゴール裏だけじゃなく、バックはもちろんメインまでお客さんぎっしりで
良い雰囲気になってきました。
まだ、何も成し遂げていません。何も得ていません。
1戦1戦をしっかり戦っていきましょう。

Jリーグ第20節 グランパスvsガンバ大阪【J特】3-1で撃破【J特】

Jリーグ第20節ガンバ大阪戦。

正直前節大敗を喫し、調子のあがってきていて中断後特にいい戦いをしてきている
ガンバ大阪相手と言うこともあり、なかなかポジティブにはなれませんでした。
しかし、ここのところリーグ戦では相性の良いガンバ。開幕戦も現地で嬉しい思いをしたので
期待をしてスタジアムへ。

先発は出場停止の増川選手に代わりなんと竹内選手。
久しぶりの先発。なにげに生え抜きだし嬉しいと応援。
金崎に代わり小川選手。ここのところ途中出場ながら調子が上向いてきている。

さて、試合の方は前半早々!!
俺たちの直志選手がやってくれました。
ケネディ選手が競った後のボールを前を向いて受けるとものすごいロングシュート!!
ボールは無回転でGKの真上あたりからグンと落ちゴールへ!!
鳥肌が立ちました。
これぞ中村直志選手らしいゴール。本当に嬉しいゴールでした。
画像


それにしても、中盤で少ないタッチでばしばしパスをまわしてくるガンバ。
しかも縦へもどんどんボールを出してくる。
そしてクリアが中途半端になってしまったところを橋本にダイレクトで決められてしまった。
さすがにあそこでダイレクトに打っていいコースに行けば仕方がないが・・・くやしい。

しかし、その後セットプレーからヘディングで闘莉王選手が競ったボールをなんと
ダニルソン選手のヘディングしたボールがGKの上からすぽりとゴールへ。
画像

画像


そして後半もガンバのうまいパス回しからの攻撃を受けながらも要所要所でしっかり守り、
コーナーキック。マギヌン選手からのボールがドンピシャ。
ケネディがDFをもろともせずゴールにヘディングで突き刺しました。
画像


決まるときは本当にすっと決まる。前節と比べても不思議な感じ。
まだまだ先は遙かに遠く長い道のりですが、一つ一つ応援していきたいです。
画像



それにしても川崎まで行って落ち込んで帰ってきてから、天にも昇るこの上昇幅!!
やめられません!!

Jリーグ第19節 グランパスvs川崎フロンターレ【J特】やっとアップする気になりました(^^;

なかなか上げる気がしなかったのですが、その気になったので♪
Jリーグ第19節グランパスvs川崎フロンターレ

サッカーの相性としては最悪、等々力現地では僕も負けしか経験なし。
そして、試合開始前は暗雲立ちこめる稲妻

画像


それでも、試合序盤からしっかり攻める名古屋、
前半早々玉田選手のヘディング!!相手が手で阻止するも主審は気づかず
目の前で見ているんですが・・・・

画像


そのあともゴール前で決定的なシーンがあるも決めきれず。
こうなるとサッカーの相性の悪さがでてくる。
前半も押し迫ったところでVJに個人技で決められてしまう。
増川選手の悪いところがどうにも出てしまう。 最近はよかったんだけれど。
後半も決定的なシーンは何度かあったものの、

画像


この日は疲れなのか増川選手どうも出足、目測があやしく
二枚のイエローで退場。

画像

画像


結局、一人少なくなってもなんとか得点するべく前にでて4失点。
等々力まで遠征した身としては非常に答えましたが、何とかその日のうちに帰名。
録画をみてみるときちんと決定機を何度もつくっており、
それほど悲観的になる必要もないのかもと楽観的に思うように自分に言い聞かせ。
でも結局立ち直るには勝利が一番ですね。

Jリーグ第18節 グランパスvs浦和レッズ 3-1で勝利【J特】

Jリーグ第18節、浦和レッズ戦。

試合前からなにやら幸運が来ていました。
カードフェスタ。年に1度か2度。カードフェスタの時だけ、
賞品目指してまとめてカードを買うのですが
なんと、10回くじを引いて、1等が5本、4等3本、5等2本という
あり得ない当たりくじ率でした。一番ちびがぐずってしまったので
まとめて取ったらそこに当たりくじがまとまっていたようです。
賞品の1等の生写真(サイン入り)は
楢崎選手、高木選手、マギヌン選手、直志選手、金崎選手でした。

そして、試合の方は、前半は浦和にいいようにパスをまわされピンチの連続。
特に、田中達也選手、ポンテ選手に深い位置でパスが回り
なかなかしんどい時間帯が多かった。
ただ、それほど得点される気はしなかったようにも思います。
そのまま0-0で前半は終了。

前半相手は前線から追っていたし、プレッシャーかけまくりだったので
後半これは行けるかもと思っていたら、ポンテが下がってくれ嬉しい誤算。

そして、闘莉王。セットプレーからロングボールに競り、
そのままDFの視野の外からゴール前へ。
マギヌンの右足なのにすばらしいクロスへ迫力のヘディング。
ボールをゴールへ突き刺してくれました。
画像


その後、浦和の宇賀神(試合前に名前を読めなかった。もう覚えました)に
すごいゴールを決められましたが、すごいシュートだったので逆に事故的な感じで
引きずらなかった気がします。

そして、小川選手の集中力の出たゴール前でのインターセプトから
ケネディ選手のシュートははじかれるものの、玉田選手がしっかりつめ
シュート、GKにはじかれ、だめかと思ったボールはゴールぎりぎりへ吸い込まれ大歓喜!!
画像


そしてまたしても玉田選手。ケネディからのボールをうまくポジションを取り
オフサイドラインぎりぎりから飛び出し、冷静にゴール。
画像


本当に気持ちの良いゲームでした。
最後はロスタイム5分もありましたがすばらしい集中力で守りきり
ピクシーもガッツポーズ。
画像


トヨスタは名古屋から遠いため早くに並べないのでいつもメインでの観戦ですが
ゴール裏すばらしいサポートでした。
画像


水曜日、家族サービス後の体力が残っていたら等々力まで行きたいと思います。

Jリーグの後半の日程詳細が発表。アウェイ観戦に厳しい日程byグラサポ 【J特】

Jリーグ22節からの日程詳細(開始時間)が発表されました。
遠征するには結構厳しい日程ばかりでがっくりです。

ホーム:基本的に全試合参戦ですが、
10/30のセレッソ戦は豊スタで13:00と厳しい状況。

アウェイ: 7試合中4試合が間に合わないか帰れないので不参戦
1試合検討。2試合参戦予定。

前半は思った以上にアウェイにも行けたのですが、
後半は相当厳しいです。
参戦確定は2戦のみ。
アウェイに行かずに契約しろと言うスカパーの陰謀でしょうか?
うーん、つらい。


22 9/12(日)19:00 モンテディオ山形 NDスタ
不参戦(帰れず)

23 9/18(土)14:00 横浜F・マリノス 瑞穂陸
参戦

24 9/25(土)15:00 清水エスパルス アウスタ
不参戦(間に合わず)

25 10/2(土)16:00 ベガルタ仙台 瑞穂陸
参戦

26 10/17(日)16:00 アルビレックス新潟 東北電ス
検討(むりっぽい?)

27 10/23(土)19:00 ヴィッセル神戸 ホームズ
参戦(どこかで泊まる必要あり)

28 10/30(土)13:00 セレッソ大阪 豊田ス
参戦(遅刻必至)

29 11/7(日)16:00 鹿島アントラーズ カシマ
参戦(日帰りできる)

30 11/14(日)14:00 大宮アルディージャ 瑞穂陸
参戦

31 11/20(土)14:00 湘南ベルマーレ 平塚
不参戦(間に合わず)

32 11/23(火・祝)14:00 FC東京 豊田ス
参戦

33 11/27(土)14:00 ジュビロ磐田 ヤマハ
不参戦(間に合わない)

34 12/4(土)15:30 サンフレッチェ広島 豊スタ
参戦(最後がホームでよかった)

Jリーグ第15節 グランパスvs湘南ベルマーレ 2-1で勝利【J特】

Jリーグ第15節湘南ベルマーレ戦。
平日ということで、応募が少なかったのか息子がファンクラブのフェアプレーフラッグ隊に当選
娘の方のエスコート隊はさすがにハズレでした。
二人とも試合前はちびっこサッカー教室で田口選手と久場選手とサッカーができました。
ちなみに一番下の2歳の息子が自分もやる気満々でピッチに入っていこうとして大変でした。
画像


さて試合の方は、なかなか攻撃に見応えのある連携などが多数みられ
今後に期待が持てる戦いでした。
少し前までの再度一辺倒な攻撃ではなくゴール前の真ん中でのパス交換も頻繁にあり
もちろんサイド攻撃もできていて一昨年以上の躍動感を感じました。
いつの間にか湘南にいた都築がよかった為2点しかとれませんでしたが
夏の試合は結果がすべて。とにかく過酷な環境とスケジュールをなんとか
結果を出しながら乗り切って欲しいところです。

前半、闘莉王選手のゴールは増川選手がなんだか冷静に折り返してくれて
完璧でした。
画像


後半のダニルソンのゴールはしびれるミドルでした。
それまでも果敢に良いシュートを打っていたので決まって本当に嬉しかったです。
名古屋初ゴールおめでとう!!
画像


時節は31日土曜日アウェイ横浜Fマリノス戦です。
残念ながら大学の研究室の集まりに行かなくてはならず欠席です。
行かれる方々、僕らの分まで応援よろしくお願いします!!