ゼロックススーパーカップ2011 vs 鹿島アントラーズ1-1(pk3-1)でまず1冠【J特】

ついに開幕しました。
今年はJ王者としてのゼロックススーパーカップ2011からシーズン開始です。

スタジアムは開幕のお祭りといった雰囲気。
ゼロックスのブースではクッションプレゼントとマスコット写真撮影と選手と会える抽選をしていて
1時間近くならんで抽選は外れ、写真は自分達から片チームのマスコットのみとの写真になり
クッションは落としてしまうという散々な結果だった。

会場前広場では、Jリーグのスタグルメが勢揃いということで、
それほど並んでいなかった川崎の塩ちゃんこを食べましたが、
本当は普段経験できないJ2のスタグルメも食べたかった。

列で待ったり、プログラムを買ったりとお祭りの分行くを十分満喫して
ゴール裏に戻ると、ちょうど選手達のアップが始まるところ。
お祭りから勝負の雰囲気へと徐々に変わっていき、ワクワクも最高潮。

画像


そして選手達が入場してきて一気にシーズンモードに

画像


そして、王者としてのシーズン最初のキックオフ!!

画像


前半はお互いある程度コントロールしながら、0-0で終了。
あっという間の45分。

後半最初はグランパスのペース。
画像


そしてゴール正面でフリーキックを得たグランパス。
藤本のFKにドンピシャで合わせたのは増川!!
今期の最初のゴールはマッスーのヘッドでした。

画像


しかし、ペナルティぎりぎりの辺りでFKを与えてしまい、野沢に決められてしまった。
その後は、ACLもあるため早めに金崎、中村を下げ吉村、三都主と交代。
玉田がももを強打し花井と交代。
交代した3人ともしっかり役割を果たしてくれていました。
花井は急遽だったが、しっかりゲームに入ってこなしてくれたので今後に期待大。

藤本選手はFK、CKもいい球筋。攻撃のコントロールだけではなく守備も非常に貢献してくれていて非常に大きな補強となったように思います。
ケネディ、闘莉王はまだ100%ではない様子だが、そこは大丈夫でしょう。
小川、直志も鹿島相手にしっかり仕事をしてくれていた。
隼磨、阿部の両サイドは変わらず攻守の要となっていた。
玉田、金崎はサイドだけでなく中への動きがよく見られたので、今期の攻撃は楽しみ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


と、後半は1-1で結局決着がつかず、PK戦へ。

画像


いつものごとく全員で円陣を組み最後の勝負へ。

1本目ケネディが止められてしまうが、そこからがすごかった。
すぐさま、楢崎が止め返してくれた。
画像


そして2人目の藤本、3人目の三都主が決めてくれ
画像

画像


鹿島も1人決めるが、

その後、楢崎ががっちりとなんとキャッチ!!ガッツポーズも!

画像

画像


そして4人目の小川が決めてくれた。これで2差。

画像


そして、最後まで楢崎はやってくれました。なんと4人中3本のPKを止めるというNo.1GKの力をこれでもかと発揮し名古屋に今シーズン最初のタイトルをもたらしてくれました。

画像


その後は、やはりもうお祭りでした。
画像

画像


もうシーズンの頭から幸せ全快ですが、すぐにACLがアウェイで始まり、Jリーグもそのまま開幕です。
いきなり厳しい日程の連戦です。今日の勝利は今日の勝利で、すぐに切り替え前に向かっていきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック