天皇杯 4回戦 名古屋グランパスvsアルビレックス新潟 【J特】

天皇杯4回戦、アルビレックス新潟戦。
選手達は最後はへろへろになりながらすばらしい戦いを見せてくれました。
若鯱主体のなんだか嬉しくて涎が出るような先発メンバー。
苦手の新潟相手なだけに、厳しい戦いではありましたが、
なんと開始早々の7分。うまく崩して三都主がいきなりゴールを決めてくれました。

画像


三都主は、若手中心のチームの中で一人ピッチ全てを見透かしたようなプレーで
ボールを落ち着かせ、ゲームをコントロールしていました。
三都主がボールを持つとなぜかスローモーションで全てが動いているような
不思議な感じがしました。

しかしながら、さすがに新潟。後半追いつかれると、防戦する時間が増えていきました。
しかし、そこに立ちはだかったのは、我らが高木義成!!
何度も何度も決定的なボールをゴール外へ掻き出し、ものすごいスーパーセーブを連発。
本当に痺れました。

そして、延長も高木の大活躍で守りきりPK戦へ。

まずは三都主危なげなく決める。
画像


そして、巻。しっかりと決めてくれました。
画像



次に田口。堂々としたPK。すばらしい。
画像


ここで、高木。やってくれました。ビッグセーブです。
画像


そしてプレッシャーのかかるところで、攻守に頑張った橋本。すばらしいPK
画像


そして、最後。もっともプレッシャーのかかる場面に、飄々と決めてくれた磯村。
画像


キッカーは全てPK成功。高木がしっかり1本止めてくれ本当に感動の勝利でした。
去年の忘れ物を取りに国立に是が非でも行きましょう。
次の準々決勝はクリスマス。楽しみです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック