Jリーグ第30節名古屋グランパスvs大宮アルディージャ 2-1【J特】

Jリーグも大詰めの残り5試合。
相手は関係なく1戦1戦積み上げて行くのみとはいえ、胃の痛い毎日です。
しかし、選手達はけが人が出て大変な中、本当にハードワークをしてくれています。
大宮アルディージャ戦は、なんと試合開始早々に、ブルゾがゴールをしてくれました。
コーナーからの相手クリアが小さくなったのを角度のない難しいところで
すばらしいゴールでした。
画像


しかし、30分過ぎブルザノビッチが突如負傷。膝を押さえていたようで非常にに心配。
シーズン終盤でどうしても負傷者がでてきて厳しい。

そして負傷のブルゾがピッチからでていて人数が足りない隙を突かれ失点。
それでも、選手達は全く動じることなくしっかり戦ってくれました。

今度は深い位置でもらったFKを増川がドンぴしゃのヘッドでゴール。
増川のヘッドのゴールなんていったいいつ以来だったか。
あんなにでかいのに思え出せないくらい久しぶりのものすごい重要なゴールで
ゴール裏も大爆発。

画像


その後は大宮のラフなプレーが続き李浩が退場。
後はリスクを最小限に抑えながら危なげなく試合を運び、大きな勝利!

瑞穂競技場もゴール裏だけじゃなく、バックはもちろんメインまでお客さんぎっしりで
良い雰囲気になってきました。
まだ、何も成し遂げていません。何も得ていません。
1戦1戦をしっかり戦っていきましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック