knz's グランパスブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Jリーグ第14節 グランパスvs清水エスパルス 3−3惜しくもドロー【J特】

<<   作成日時 : 2010/07/27 00:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

やっとグランパスが瑞穂に帰ってきました。本当に久しぶり。
満員の瑞穂、中断あけの瑞穂、負ける要素の見あたらない瑞穂。
妙なフラグが頭を駆け巡る中、前半9分。いきなり玉田選手が
南アの鬱憤を晴らしてくれる1発!!なんと右足で!!
画像


喜ぶ玉田選手とケネディ選手。その手前で一人ガッツポーズの直志選手、良い感じ。
画像


試合はグランパスペースではあるが膠着していたところ、
ケネディが思いっきり引っかけられその勢いで足が弧を描くように倒されたが
なんと家本主審、そのまま見なかったことに。
そのまま清水がゴール前までボールを運び、クロスバーにあったったボールを
ヨンセンがゴールへ。
(完全に主観に基づいているので違うご意見の方は気にしないでください)
家本主審は例の鹿島戦で香港送りになった後、何でもかんでも流しまくることを
美徳とする主審になっていたのは確かだが・・・・・

しかしその後、玉田選手、またしても右足で、
なんだか吸い込まれるようにボールはゴールへ
画像


そして後半、今度はPKを玉田選手。
なんと外してしまいました。これは決めて欲しかった。

そしたら今度は岡崎にゴールを許してしまう。
確かにすばらしくコントロールされたシュートだったけれど、
誰も詰めてなくて、フリーで打たれたらそりゃゴールもされる。

しかししかし、今度は金崎選手が高い位置でインターセプト。
そのまま自分でDFをかわし持ち込み、最後はすばらしく狙い澄まして
ゴール!!すごいゴールでした。
画像


しかししかし、コーナーキックから失点。
なんどかボールが行き来したためポジションがずれていたのだとは思うが
ゾーンで守っているにしてはニアに人数が居すぎ、もしマンマークならマークを外されすぎ。
どちらにしても集中力が保てなかったというところ。
失点はすべてそういうふわっとしたところで取られている。
上位チームが相手で、しっかり決められると言うことはあるのだろうが
優勝するつもりならそこはきっちり集中していかなければいけない。
なにを目指しているかを再度自身の胸に問うて欲しい。
そして次に生かして欲しい。

もう一つ、阿部選手のDFでのパフォーマンスが最近気になる。
あのでっかいおしりに支えられた力強い守備がどうも見られない。
本当の阿部選手の力を見せて欲しい。

それにしても、この試合。
後援会のチケットでスタジアムに行ったことがないという親子に行ってもらったんだけど
ものすごく楽しかったようで、また行きたいとサポートタウンの企画のチケットに
早速申し込んでくれました。
ホームで良い試合をしてくれるとどんどんサポーターが増えるのを身近で実感しました。
次の試合はすぐ、28日水曜日です。
こんどはしっかり勝ち点3取りましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Jリーグ第14節 グランパスvs清水エスパルス 3−3惜しくもドロー【J特】 knz's グランパスブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる