knz's グランパスブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ついにカシマスタジアムでグランパスが勝利!! 第22節グランパス−鹿島アントラーズ2−1

<<   作成日時 : 2008/08/26 03:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついに、ついに、カシマスタジアムでグランパスでグランパスが勝利を収めました。
その場にいることが出来たことを感謝します。

その日は、試合前から雰囲気が違っていました。
カシマスタジアムに行くとなぜかいつも圧倒的な閉塞感とアウェイ感を感じるのですが、試合開始50分ほど前に到着したスタジアムのアウェイゴール裏は予想以上のグランパスサポーターで埋め尽くされていました。
そして、ゲーフラやらを準備しながら試合前に会場内で流れている音楽をのんびり聞いていたら、なんとなんとオアシスの「Don't Look Back In Anger」が流れ始めるではないですか。
カシマスタジアム側が知っていたのか知らずに流したのかは不明ですが、ゲーフラを掲げ思いっきり「Anthem Of Nagoya」を歌いましたよ。
おかげで明らかに僕らの気持ちがもう一段もりあがり、試合へ望みやすくなりました。ありがとう!カシスタ!!
画像



盛り上がった気持ちのまま、試合は始まりました。
試合開始直後は鹿島の選手達が前目からどんどん押してきたのもあり、選手達は少しふわふわした感じに見えました。そして開始直後、吉田選手のミスからマルキーニョスのゴールにて失点をしてしまいました。
画像



さすがに、嫌な感じを一瞬感じましたが、時計を見てみると早々すぎて逆に、あぁ時間はたっぷりあるから大丈夫と不思議と思えました。やはり、「Anthem Of Nagoya」が効いていたのかもしれません。選手達のふわふわ感も得点されたことで消えさり、いつもの鋭く激しい動きに切り替わりました。

そして、歴史が動き出す瞬間はすぐにやってきました。

玉田選手がもらったFKを自身がゴール前へ。そしてそのボールは吉田選手へ。値千金のヘディングでJリーグ初ゴールがカシマスタジアムでのゴールとなりました。FKもゴールもあまりにも鮮やかで主審が笛を吹くまで息をすることすら忘れていました。
画像

画像



いつもの通り中盤で激しい攻防があり、やはり鹿島の選手達は旨くゴール前へと迫ってきましたが、中村選手&吉村選手の気合いの入った厳しい動き、目が覚めた吉田選手の壁、竹内選手の気合いの入った守り&突破、阿部選手の絶対に負けない守り&効果的なサイドチェンジとグランパスの守備陣のすばらしさがよく出て前半を1−1で折り返しました。

そして後半、杉本選手のスピードをチームとして使うことがより出来るようになり、グランパスがゴール前に迫ることが多くなりました。
画像


小川選手がペナルティエリアへ突破し後ろから倒されたのがPKにならなかったのは、唸ってしまいましたが、それからすぐ、玉田選手の完璧なペナルティエリアへの突破は完全な1点もので、そこを足で完全に引っかけられ文句なしのPKゲットでした。
画像


そしてそのPKをヨンセンが気持ちの入った力強いキックで曽ヶ端の手に当たりながらも、気合いで押し込みついに勝ち越し。ゴール裏目の前のPKで、僕らも大いに盛り上がりました。
画像


そしてその後、65分に杉本選手を山口選手に、75分に玉田選手を米山選手に、そして極めつけは中村選手をバヤリッツァ選手に交代という、ピクシーの守りきれという珍しいけれども明確で力強いメッセージに選手達もしっかり答え、鹿島の幾重もの攻撃をことごとく跳ね返してくれました。

長い長い本当に長かったロスタイム3分が終わり、歓喜の笛が鳴ったときには、僕はさすがに泣きました。吠えました。拳を突き上げました。
画像



画像

長い長い本当に長かった鹿島での悪夢はピクシーが帰ってきてすっかり消え去りました。もう、グランパスは、僕らは突っ走るしかないでしょう。しっかりと前を見てこれからも応援していきたいです。

画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついにカシマスタジアムでグランパスが勝利!! 第22節グランパス−鹿島アントラーズ2−1 knz's グランパスブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる