knz's グランパスブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2006ドイツワールドカップ観戦記 その7.六日目 ワインとお祭りとスリのシュツゥットガルト編

<<   作成日時 : 2006/07/16 16:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

六日目。前日の試合が嘘のように朝はスッキリと目覚めた。ダイニングキッチンへ行くとSigezooさんが、椅子を二つ並べて器用?にその上で気持ちよさそう?に寝ていた。マレタさんは既に姿が見えなかった。日本の会社まで日帰り出張のため朝4時半に出ていったそうだ。っていうか出張って・・・・・。ちなみに1日仕事をしてその夕方またこっちへ飛び、日本には計2回ほど帰るそうです。・・・簡単に言うと3度ドイツへ行くと言うことらしいです。
みんなが起床したところで、僕と同業のアッキーさん(仮名)がニュルンベルグソーセージを焼いてくれて、
画像

昨日駅の店でマレタさんやアッキーさんやミッサーさん(仮名)が交渉し1/3の値段で買ってきたサラダやサンドイッチと一緒に朝食。寝る場所を得られただけでなくとってもすてきな朝食が食べられ本当に感謝感謝。それにしても朝からビールってあなた達・・・(^^;
さて、すてきなアパートをでて今日はシュツゥットガルトへ。アッキーさん、ミッサーさんたちは予定が決まってなかった為、僕ら自分名義で取り直したため余っていたチケットでスペイン−チュニジア戦を一緒に見に行くことに。シュツゥットガルトへのICEは特に混雑もなくみんなで座って行くことが出来た。余っていたサンドイッチやらビールやらをたくさん電車に持ち込んでいたので乾杯しようとビールを取り出すも、瓶ビールだったのに栓抜きを持っておらず右往左往。アッキーさんが食堂車で栓抜きを借りてくると食堂車を探しにいったが、その間に何とかあけられないかと、壁に付いている金属製のゴミ箱の蓋であけようとやってみたら、泡が出るくらいは開いたのだが上手くは開かず。なんだかんだと騒いでいたら、アッキーさんの隣に座っていたビジネスマン風のおじさんが、「ビール瓶をかしてみろ。」というので渡したら、なんと百円ライターでいとも器用に栓を抜いてくれた。そこへアッキーさんが帰ってきて、食堂車の職員に「栓抜きは貸すことは出来ないが、ライターを持っていないのか?持っていたらそれで開けろ」と言われたと。もしかして、ドイツではライターでビールの戦を開けるのが普通のこと?Sigezooさんがライター開けに挑戦してなんとか開けられたが、なかなか難しいらしい。それにしてもさすがドイツ。ビールの国だ。
無事ビールで乾杯しながらシュツゥットガルトへ到着。まずはアッキーさんたちの電車の座席を取るためにDBの予約カウンターへ。なんだか無愛想で不器用そうな職員のおばさんが対応してくれたのだが英語がよく分からないのかやる気がないのかもたもたしながら電車を選ばされ、ちょっと時間がかかりそうだったので僕はその間にトイレへ。トイレから帰ってきたら彼女らはその他にもチケットを取っていておばさんとも何とかうち解けた?ようで、最後には笑顔のようなものもみられた。
画像

さて無事に座席予約を終え、まずはポルシェ博物館へ。
その最寄り駅で目撃した物は・・・
画像

えらい大胆な看板だよ。しかも・・
画像

根本までみえてるし。
他にもホワイトアスパラがかぶっているこれは、このゴム製品は・・・・?
画像

いきなりのドイツの看板に圧倒されながらも駅から出てみると。そこにはポルシェ本社のディーラーが。もちろん中にはポルシェがずらーっと。
画像

画像

で目的地のポルシェ博物館の場所を聞くとそこから300mほど歩いたところだそう。閉館時間まで余り時間が無かったため急いで博物館へ。博物館は本社工場内にあった。それほど大きくない博物館だったが、ポルシェの古い車やルマンを走った車体。フォーミュラーマシンなどさまざまな車が展示してあり、みんな大はしゃぎ。車に乗って写真を撮ったちしたが、天井にドントタッチの看板が・・・・。まぁタッチではなくライドオンだし・・・・と言い訳しながら(どんな言い訳や)。でもすぐ近くに職員の人がいたのだけどなぁ・・・。
画像

画像

画像

画像

博物館の外はポルシェ本社工場。もちろんポルシェがずらり。
画像

画像

そこで特にサッカーが好きでない人のためにお土産を買って、次はファンフェスタへ行ってみることに。
代表にはあまり感心がないと言われているはずのスペインサポたちも大挙して開催都市へ押し掛けていた。やっぱりこれが本場のワールドカップだよねぇ。
画像

画像

画像

しかもファンフェスタ付近へ近づくとスペインさぽだけではなくチュニジアサポも大勢いることが判明。もう飲めや歌えの大騒ぎになっていた。
画像

画像

僕らも飲もうとファンフェスタの隣でやっていたワインフェスタへ。
画像

そこでいろんなワインをみんなで飲んだのだがこれが美味い!!さすがドイツのワイン所と言われるだけはある。
画像

食べ物もソーセージやピザっぽいのもなかなか美味かった。
画像

画像

画像

画像

いいよシュツゥットガルト!!そこへアコーディオンとギターの演奏隊のお兄さんたちが。
画像

画像

陽気になってきた。拍手喝采しているとスパニッシュおお姉さんたちが集まってきて踊り出した。
画像

画像

何とも楽しい時間を過ごすことが出来たよ。
すっかり気分良くなって街を歩いているとアッキーさんやミッサーさん達は早速スパニッシュのお兄さん達に声をかけられている。
画像

画像

さすがスペイン人。チュニジア人達もまけずに騒いでいるし。いいねワールドカップ。
画像

これこそワールドカップだよ。
電車に乗っても大騒ぎのスペイン&チュニジア。
画像

画像

画像

スタジアムまでお祭り騒ぎが続いた。
さて、試合の方は序盤いきなりチュニジアが先制。
画像

画像

どうなることやらと心配しているのは僕らだけでスパニッシュ達はほとんど心配していない様子。ただ隣のおじさんはものすごい怒っていた。
ハーフタイムに可愛いスパニッシュの女の子息子の隣に来たので一緒に写真をとってもらった。
画像

スパニッシュ達は英語がほとんど通じないのだが、それでもお祭り騒ぎの時は不思議と意志がつうじたりして一緒に騒げるからふしぎだ。
さて、後半はそれこそスペインのお祭りだった。
画像
25分頃にラウルが決めたゴールを皮切りにフェルナンド・トーレスが連続ゴールを決め僕の周りも大盛り上がり。前半怒っていたおやじはやっぱり大声で叫んでいた。
画像

画像

画像

画像

試合後ももちろんお祭り騒ぎ。あぁ、こうやってクロアチア戦後騒ぎたかったなぁなとども思ったが、過ぎたことは忘れて楽しむことに。ワインフェスタで使っているグラスはデジポットにになっていて、返せばお金が返ってくるがそのまま持って帰っても良いというシステムで、試合前は没収されたり割れたりするから返したが、後でもう一度行こうと言うことになっていたので試合後はまたしてもワインフェスタへ。
ワインフェスタは閉店時間間近だったようで、昼間に行った所はオーダーストップされていてたが入り口の所はまだ良いって言うことで。また別の種類のワインを飲んだのだがほんとおいしい。本当はもっと飲んでいたかったが残念ながら閉店になってしまい、グラスをお土産に駅へ向かった。スパニッシュ達と戯れながら駅へ。
画像

画像

画像

ワインフェスタで食べられなかったため息子がお腹空いたらしいので、マクドナルドでハンバーガーを買ったところでトラブル発生。ミッサーさんが鞄の中に入れていた財布をスられてしまったらしい。パスポートやジャーマンレールパスは別の所にしまっていた為無事だったようだが、キャッシュとカードが入っていた。Sigezooさんとアッキーさんが来た道を探しに、僕とミッサーさんが駅の警察へ届けを出しにいった。警察では親切にしてくれたが事情聴取に時間がかかり、届けの証明を出して貰うに前に電車の時間になったため、ミッサーさんとアッキーさんは次の電車に乗ることにして僕らは彼女らの荷物を預かり一足先にフランクフルトへ帰ることに。
今日は最後の最後にトラブルがあり大変だった。チャック付きの鞄に入れていてもさすが、EU中からスリが集まっていると言われるワールドカップだと思っていたのにknzは次の日痛い目にあってしまった。それは次回に。
トラブルはあったもののお祭り騒ぎは心ゆくまで楽しめたシュツゥットガルトだった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2006ドイツワールドカップ観戦記 その7.六日目 ワインとお祭りとスリのシュツゥットガルト編 knz's グランパスブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる